ノバルティスのミッション

医療の進歩は著しいものがありますが、そんな現代の医療でも治すことが困難な病気は多々あります。ノバルティスはそうした現代の医学でも治療が難しいといわれる課題にも積極的に取り組んでいますし、画期的な治療法の発見、開発をしたいと考え事業を行っています。ノバルティスはより充実した健やかな毎日のために新しい発想で医療に貢献することをミッションとして掲げていますし、このミッションに基づいた事業を行っているのです。科学的根拠に基づいたイノベーションを推進し、世界中にいる難病に苦しむ人々を救いたいと考えているのがノバルティスです。また、ノバルティスのビジョンとして変わり続ける医療の中で信頼されるリーダーになることを掲げていますし、それを目指して邁進しています。

ノバルティスのルーツは実に古く、遡れば250年ほど前になります。もともとチバガイギーとサンドが合併することによって現在のノバルティスの母体が誕生しましたし、それぞれの企業が長い歴史を持っていました。チバガイギーとサンドの良いところを吸収する形で誕生した経緯がありますし、豊富な実績とノウハウがあることは言うまでもないでしょう。そんな歴史あるノバルティスがもっとも重視していることは患者さんに良い結果をもたらす医薬品や製品を開発するということです。実質的な効果をもたらす医薬品でないと存在する意味がないとノバルティスでは考えていますし、治療を必要とする患者さんに的確な効果をもたらせるかどうかという部分を最重要視しているのです。考えてみると当たり前のことなのですが、その当たり前のことを当たり前にやっているのが同社の特徴と言えるでしょう。

質の高い医療は常に求められていますし、今後はさらにその傾向が強くなると考えられます。質の高い医療を提供するためにはしっかりとした効果をもたらす医薬品の存在も不可欠となりますし、ノバルティスはきちんと効果の感じられる医薬品を開発したいと考えています。そのために世界各地に散らばる研究機関で日夜研究開発が行われていますし、試行錯誤しながら新薬の開発に取り組んでいるのです。また、ノバルティスが他の製薬会社と大きく異なるのは患者さんへの医薬品の届け方についても再考していることでしょう。従来のような医薬品へのアクセスではなく、まったく新しい薬へのアクセスを同社では考えています。こうした部分が高く評価されているのも事実でしょう。

ノバルティスの考えとは

時代と共に医療は進化していくものですが、医療の根本は病気やケガなどで苦しむ方を救うことです。医療の進歩は著しいものがありますが、そんな現代医療を持ってしても治すことのできない病気はまだまだ存在します。ノバルティスはそのような治療の難しい病気に苦しむ方を救いたいとの想いでさまざまな新薬の開発に取り組んでいますし、これまで十分な実績を上げてきました。ノバルティスは高齢化の進展や変化を続ける医療ニーズに応えるための体制も整えていますし、患者さんにより良い結果をもたらせるように科学的根拠に基づいたイノベーションを推進しています。机上の空論ではなくあくまで科学的根拠に基づいたイノベーションで世界中にいる病気に苦しむ人々を救いたいと考えています。

オンコロでノバルティスの情報をチェック!

その歴史をひも解くと非常に長いノバルティスは本社をスイスのバーゼルに構えています。この地を拠点に新薬や新製品の開発に取り組んでいます。また、ノバルティスは世界の各地に研究拠点を展開させていますし、アメリカだけでも複数のエリアに拠点を構えています。シンガポールや中国にも研究拠点がありますし、毎日大勢の研究者が新薬の研究に携わっています。研究者のバックボーンもまちまちで、さまざまなキャリアを持つ研究者が異なる切り口から研究を行うことでシナジー効果の最大化を図っているのです。これもノバルティスの特徴であり強みと言えるでしょう。また、ノバルティスは患者さんとその介護者の方に対する明確なコミットメントも打ち出しています。

ノバルティスでは新薬や新製品に関する分かりやすい情報を患者さんに提供していますし、患者団体などから改善についてアドバイスを受けることでそれを製品開発に役立てています。実際に使った方の意見を参考にするのですから製品のクオリティが高まるのはある意味当然のことかもしれません。また、ノバルティスは患者さんが医薬品にアクセスしやすい環境を整えたいと考えていますし、そのためにさまざまな努力もしています。十分な医療サービスを受けることができない人々のニーズにも対応したいと考えていますし、ノバルティスの医薬品を保険償還条件で提供するなど医療制度の強化に貢献したいと考えています。こうした独自の考えもノバルティスならではと言えるのではないでしょうか。原価での医薬品提供、医薬品の寄付などできることから始めたいと考えていますし、実現可能なアクセス向上策を今でも考えています。

ノバルティスの理念

ヘルスケアの成長分野をリードするという崇高な理念を掲げて事業を行っているのがノバルティスです。ご存知の方もおられるかもしれませんが、ノバルティスはスイスのバーゼルに本社を構える企業です。世界中に研究拠点も構えていますし、その事業規模は相当なものと言えるでしょう。日本でもノバルティスの法人が活動していますし、日本でも一定の知名度を誇っています。革新的な新薬の開発に取り組んでいるノバルティスは現在でもどんどん市場を広げていますし、アジアやアフリカ、ラテンアメリカなどの市場においてもビジネスを拡大させています。これらのエリアでは質の高い医薬品や医療のニーズが高まりつつありますから、ノバルティスにとっては無視できない市場なのです。

人々が健やかな生活を送れるような社会にしたい、とノバルティスでは考えています。誰もが健康的で元気に毎日を過ごしたいと考えていますし、そのためには医療の力は絶対的に必要と言えるでしょう。誰もが人生の中で一度や二度は病院で治療を受けたことがあるでしょうし、日常的に医薬品を服用しているという方もおられるでしょう。我々が健康で元気に暮らしていくためには医薬品の存在は欠かせませんし、その時代や患者さんのニーズにマッチした医療、医薬品が求められています。ノバルティスは充実した健やかな毎日のために新しい発想で医療に貢献したいと考えていますし、そのためのアグレッシブな取り組みもしています。新しいことを始めるときには周りからの批判などもあるものですが、ノバルティスはそのような雑音に惑わされることなく初志貫徹しています。

ノバルティスでは科学的根拠に基づいたイノベーションの推進をしています。科学的根拠に基づいた医薬品でないと効果を見込むことはできませんから、あくまで科学的根拠の上になりたつ医薬品、医療の開発をしたいと考えているのです。画期的な治療法を開発することができれば現代の医療では治すことができないと言われていた病気にも対抗できるかもしれませんし、今まで治せなかった病気が治るかもしれません。そういう意味ではノバルティスは人々の未来を担う企業と言っても過言ではないでしょう。今でも毎日画期的な治療法、医薬品の開発に取り組んでいますし、それをより多くの方にお届けしたいとも考えています。また、その届け方についてもノバルティスでは新しい方法を用いて届けたいと考えているのです。

高品質な研究を行うノバルティス

絶え間なく変化を続けていく医療業界の中で信頼されるリーダーになりたい、という想いを掲げて事業を行っているノバルティス。1996年に誕生したノバルティスですが前身となる会社は250年以上に渡るルーツがありますし、革新的な製品開発を追求してきた歴史もあります。ノバルティスも革新的かつ画期的な医薬品、医療の開発に携わっていますし、古くからこうした性質を持っていたと考えられます。もともとノバルティスはチバガイギーとサンドが合併することによって誕生したのですが、それぞれの会社が持つ特徴をうまく融合させながら進化したことで現在のノバルティスがあると言えます。チバガイギーとサンド、それぞれの良いところを上手に活かすことができたからこそ今の同社があるのでしょう。

世界的な製薬企業として名高いノバルティスですが、同社がもっとも大切だと考えているのは患者さんに良い結果をもたらすことができる医薬品、医療を開発することです。世の中には医療、医薬品を必要としている方がたくさんいますから、そのような方たちにノバルティスの医療、医薬品を届けたいと考えています。実質的な効果がない薬は意味がないと考えていますし、科学的根拠に基づいて開発された革新的な医薬品を届けたいと考えているのです。治療効果の高い医薬品を開発するのはもちろんですが、それをいかにして患者さんに届けたらいいのかということについても同社では考えていますし、今後の課題にもなっています。いずれ今までの常識を打ち破るような医薬品へのアクセス方法を打ち出してくれるかもしれません。

ノバルティスが世界的な医薬品企業と呼ばれるのにはそれなりの理由があります。歴史ある製薬企業だからというのもそうですが、同社は世界中に研究拠点を構えています。世界中に点在する研究施設で大勢の研究者が日夜研究に没頭していますし、非常に大きな規模で新薬や医療の研究開発が行われているのです。この事業規模の大きさゆえに同社は世界的な製薬企業だと評価されています。スイスのバーゼルに本社がありますが、アメリカやシンガポール、中国などにも研究拠点を構えていますし、さまざまな分野における創薬研究を続けています。ノバルティスで研究に携わる研究者はさまざまなキャリアを持っていますし、あらゆる切り口から研究を行うことによって相乗効果が得られるようになっています。これもノバルティスの魅力かもしれませんね。

ノバルティスの歩み続ける道

スイスと言えば美しい大自然を有する国として有名ですし、高級腕時計の産地としても知られています。スイス発の高級腕時計ブランドはたくさんありますし、好きな方にとっては特別な思い入れのある国ではないでしょうか。そんなスイスのバーゼルに本社を構えている企業がノバルティスです。聞いたことがない、という方もおられるでしょうが、ノバルティスは世界的に高く評価されている製薬企業です。バーゼルに構える本社を中心として世界各地に研究拠点を構えていますし、シンガポールや中国、アメリカにも複数の拠点を展開しています。これまで数多くの新薬やアイケア製品などをリリースしてきた実績もありますし、ヘルスケア分野における一大勢力を築き上げている企業と言っても過言ではありません。

業界トップクラスの開発パイプラインを誇るのもノバルティスの特徴です。世界中の専門家からも高い評価を受けているノバルティスの開発パイプラインは製薬業界でも一目置かれていますし、今後数多くの新製品の上市が予定されているようです。循環器や呼吸器、中枢神経などの疾患の治療に役立つ新薬の開発などを行っているほか、いまだに治療法を確立できていないさまざまな医療ニーズにも積極的に取り組んでいます。業界トップクラスと言われるだけの技術力と十分なノウハウ、実績がありますし、そうした部分が評価されているのも事実でしょう。現在の開発パイプラインにはすでに200以上のプロジェクトが上がっているといわれていますし、今後たくさんの医薬品がリリースされていく予定です。

革新的な新薬開発こそノバルティスの領分です。ノバルティスでは常に革新的な新薬の開発に取り組んできた過去がありますし、未知とされる領域にもどんどん手を伸ばしてきました。失敗を恐れることなく突き進んできましたし、それが今のノバルティスを支えているといっても過言ではありません。革新的な新薬や医療を開発することに成功すればこれまで治療が難しいと言われていた難病の治療もできるようになるかもしれませんし、病気で苦しんでいる方を救うことができます。ノバルティスはできるだけたくさんの人々を病気から解放したいと考えていますし、そのためにはイノベーションが必要だとも考えています。こうした考えをすべての社員が共有していますし、同じ気持ちを持って一つの方向に突き進んでいけているからこそ同社は世界から評価されるような企業に成長したのです。