ノバルティスの考えとは

時代と共に医療は進化していくものですが、医療の根本は病気やケガなどで苦しむ方を救うことです。医療の進歩は著しいものがありますが、そんな現代医療を持ってしても治すことのできない病気はまだまだ存在します。ノバルティスはそのような治療の難しい病気に苦しむ方を救いたいとの想いでさまざまな新薬の開発に取り組んでいますし、これまで十分な実績を上げてきました。ノバルティスは高齢化の進展や変化を続ける医療ニーズに応えるための体制も整えていますし、患者さんにより良い結果をもたらせるように科学的根拠に基づいたイノベーションを推進しています。机上の空論ではなくあくまで科学的根拠に基づいたイノベーションで世界中にいる病気に苦しむ人々を救いたいと考えています。

オンコロでノバルティスの情報をチェック!

その歴史をひも解くと非常に長いノバルティスは本社をスイスのバーゼルに構えています。この地を拠点に新薬や新製品の開発に取り組んでいます。また、ノバルティスは世界の各地に研究拠点を展開させていますし、アメリカだけでも複数のエリアに拠点を構えています。シンガポールや中国にも研究拠点がありますし、毎日大勢の研究者が新薬の研究に携わっています。研究者のバックボーンもまちまちで、さまざまなキャリアを持つ研究者が異なる切り口から研究を行うことでシナジー効果の最大化を図っているのです。これもノバルティスの特徴であり強みと言えるでしょう。また、ノバルティスは患者さんとその介護者の方に対する明確なコミットメントも打ち出しています。

ノバルティスでは新薬や新製品に関する分かりやすい情報を患者さんに提供していますし、患者団体などから改善についてアドバイスを受けることでそれを製品開発に役立てています。実際に使った方の意見を参考にするのですから製品のクオリティが高まるのはある意味当然のことかもしれません。また、ノバルティスは患者さんが医薬品にアクセスしやすい環境を整えたいと考えていますし、そのためにさまざまな努力もしています。十分な医療サービスを受けることができない人々のニーズにも対応したいと考えていますし、ノバルティスの医薬品を保険償還条件で提供するなど医療制度の強化に貢献したいと考えています。こうした独自の考えもノバルティスならではと言えるのではないでしょうか。原価での医薬品提供、医薬品の寄付などできることから始めたいと考えていますし、実現可能なアクセス向上策を今でも考えています。