高品質な研究を行うノバルティス

絶え間なく変化を続けていく医療業界の中で信頼されるリーダーになりたい、という想いを掲げて事業を行っているノバルティス。1996年に誕生したノバルティスですが前身となる会社は250年以上に渡るルーツがありますし、革新的な製品開発を追求してきた歴史もあります。ノバルティスも革新的かつ画期的な医薬品、医療の開発に携わっていますし、古くからこうした性質を持っていたと考えられます。もともとノバルティスはチバガイギーとサンドが合併することによって誕生したのですが、それぞれの会社が持つ特徴をうまく融合させながら進化したことで現在のノバルティスがあると言えます。チバガイギーとサンド、それぞれの良いところを上手に活かすことができたからこそ今の同社があるのでしょう。

世界的な製薬企業として名高いノバルティスですが、同社がもっとも大切だと考えているのは患者さんに良い結果をもたらすことができる医薬品、医療を開発することです。世の中には医療、医薬品を必要としている方がたくさんいますから、そのような方たちにノバルティスの医療、医薬品を届けたいと考えています。実質的な効果がない薬は意味がないと考えていますし、科学的根拠に基づいて開発された革新的な医薬品を届けたいと考えているのです。治療効果の高い医薬品を開発するのはもちろんですが、それをいかにして患者さんに届けたらいいのかということについても同社では考えていますし、今後の課題にもなっています。いずれ今までの常識を打ち破るような医薬品へのアクセス方法を打ち出してくれるかもしれません。

ノバルティスが世界的な医薬品企業と呼ばれるのにはそれなりの理由があります。歴史ある製薬企業だからというのもそうですが、同社は世界中に研究拠点を構えています。世界中に点在する研究施設で大勢の研究者が日夜研究に没頭していますし、非常に大きな規模で新薬や医療の研究開発が行われているのです。この事業規模の大きさゆえに同社は世界的な製薬企業だと評価されています。スイスのバーゼルに本社がありますが、アメリカやシンガポール、中国などにも研究拠点を構えていますし、さまざまな分野における創薬研究を続けています。ノバルティスで研究に携わる研究者はさまざまなキャリアを持っていますし、あらゆる切り口から研究を行うことによって相乗効果が得られるようになっています。これもノバルティスの魅力かもしれませんね。